無職の進捗の拠りどころとしてのブログ

サラリーマンとして仕事をしていると、平日が特に進捗ないまま終わってしまっても、給料という形で報酬がもらえ、休日は平日に働くための休息という大義名分を得ることができる。

しかし、無職にはそれがない。1日が無為に終わってしまえばそれはただ時間を消費しただけで、何にも影響していない気がしてくる。

今日は新しく何を学び、どういう進歩があったのかを記録し、公開し、インターネットのデータをプラス何ビットかすることで、一日が無為でなかったと自覚する。

ブログが唯一の社会との接点だった7年前は、アニメやニコニコ動画の感想ばかりのブログだったが、それでも自分の居場所としてしっかりと機能していた。

リアル社会で自分の居場所ができるまでは、ここを拠りどころとしていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です