中小企業白書2017雑感

少し前の話ですが、4/21に2017年版の中小企業白書が公表されました。

2017年版「中小企業白書」「小規模企業白書」を公表します

個人的に気になったところを書き留めておきます。

・業種別開廃業率。宿泊業、飲食サービス業は開業率、廃業率ともにトップ。新陳代謝の激しい業界。製造業は開業率最低で2%程度。ものづくり日本は終わったかと思いきや建設業は全業界2位の開業率の高さで8%強。東京オリンピックに向けて建設業は賑わっているのかもしれない。

・倒産件数は景気回復を反映して年々減少。休廃業、解散件数は高齢化を反映し年々増加。事業承継がうまく進んでいない。

・中小企業では人手不足が進んでいる。しかし賃金、職種のギャップがあり従業者数は減少。

・成長初期までは資金調達が最大の課題。安定期移行は人材確保が課題となっている。

・高成長型企業は民間・政府系金融機関からの借入で調達し、安定成長型企業は経営者の自己資金の割合が高い。リスクをとって財務レバレッジを効かせている。

・事業承継としてM&Aする場合の重点は従業員の雇用の維持・確保。M&Aに関心がある層でも対策・準備は進んでいない。

・M&Aの相談相手は顧問の公認会計士・税理士、親族、取引金融機関の割合が高い。公的機関はほとんど利用されていない。

・マーケティングの成功要素は市場ニーズの把握。経営企画部門が市場ニーズの把握に取り組むと成功率が高い。

・人材不足対応のための外部の経営資源活用(アウトソーシング)は有効な手段。

 

radikoが過去の番組を聴けるタイムフリー機能をリリース

ラジオのサイマル配信サービス、radikoが過去1週間以内の好きな番組を視聴できる「タイムフリー機能」をリリースしました。

これまでリアルタイムメディア業界(テレビ、ラジオ)は過去の放送を見ることができるサービスをほとんど出してきませんでしたが、利用者が多いradikoがこの機能をリリースしたことは大きなインパクトがあったようです。

また、放送局側もリアルタイムで聴けなかった人向けにタイムフリー機能の利用を呼びかけ、リスナーの獲得を狙ってるようです。

タイムフリー機能があれば早朝や深夜、仕事中など、普段聴けないような時間帯の番組もあとで聴くことができますね。

こういった動きがテレビ業界でも広がってくれればいいのにな、と思います(データ容量や広告の問題は山積みなのでしょうが)。

引っ越し業者に対する心づけについて

日本にはいわゆる「チップ」の文化があるところは少なく、法事関係や高級旅館宿泊時に一部見られるくらいだと思いますが、

それでも金額以上になにかサービスをしてもらった、と感じるときは、心づけをしたくなるものです。

先日サカイ引越センターで引越しの荷物の搬出をしましたが、非常に迅速かつ丁寧な対応だったので、これは何か心づけをすべきなのかなあと思いました。

そこでいろいろ調べてみましたが、引っ越しの時の心づけは基本的にはしないことが多く、丸一日かかるような場合には一人あたり千円程度支払うのが一番よくある心づけのようです。

今回私の場合は荷物も少なく、30分程度で搬出が終わる簡単なものだったので、作業にきてくれた方にペットボトルのお茶1本ずつ渡すことにしました。

この暑い時期にがんばってくれた引っ越し業者の方には感謝したいですね。

SoundCloud の Stations 機能がすごく便利

EDM 系の曲が好きでよく聞くんですが、自分で曲を探したりいちいち再生ボタンを押したりするのが面倒くさいときがあります。

SoundCloud にはそんなときのために「Stations」という機能があり、今流している曲とよく似た曲を連続再生してくれます。

Stations で好みの曲が流れてきたら favorite して、その曲からまた Stations で流し聞くことも可能。

思わぬ良曲を引っ張ってきてくれるので重宝しています。

 

技術的にはどうやって類似の曲を探しているのか興味あり。基本的には

  • 曲の波長やタイトルを解析して似た BPM や文字列(ジャンル、作者等)を見つけてくる
  • 同じ曲を favorite しているユーザーが多ければ関連のある曲として見つけてくる

の一方か両方を使っているんでしょう。タグとかあればもう少し曲が探しやすくなると思うんですが、 SoundCloud にはなさそう。

 

無職の進捗の拠りどころとしてのブログ

サラリーマンとして仕事をしていると、平日が特に進捗ないまま終わってしまっても、給料という形で報酬がもらえ、休日は平日に働くための休息という大義名分を得ることができる。

しかし、無職にはそれがない。1日が無為に終わってしまえばそれはただ時間を消費しただけで、何にも影響していない気がしてくる。

今日は新しく何を学び、どういう進歩があったのかを記録し、公開し、インターネットのデータをプラス何ビットかすることで、一日が無為でなかったと自覚する。

ブログが唯一の社会との接点だった7年前は、アニメやニコニコ動画の感想ばかりのブログだったが、それでも自分の居場所としてしっかりと機能していた。

リアル社会で自分の居場所ができるまでは、ここを拠りどころとしていきたい。

関西→関東の引っ越しにかかる初期費用

だいたいこれくらいという数字が出たので備忘録。

仲介手数料 40,000円

火災保険 28,000円

カギ交換(オートロック含) 26,000円

殺虫・消毒施工 16,000円

口振サービス契約料 5,000円

保証会社委託料 57,000円

引越し費 48,000円

計 220,000円

他のサイトとか見てもまあ平均くらいみたい。敷金礼金ゼロなのがけっこう助かっているけれど、保証会社委託料が57,000円もしている。

これに新しい家具購入分が上乗せされるのでけっこうつらい。

東京に保証会社必須の物件が多いのは、京都でいう礼金みたいに地域性があるものらしい。

とりあえずブログ再開

再構築とか再開とかばっかり言ってるような……。

前回の更新から半年ぶりくらいですね。

リアルの環境が変わるため、しばらくブログの更新頻度が上がりそうです。

このブログは8年前から、リアルでのアウトプットができない環境に置かれていた時に書いていたのですが、

大学時代、新卒時代は幸いにもブログにはけ口を求めることなくなんとか生きていたので、

年に数回更新するだけのブログになっていました。

ひさしぶりに自由な時間が増えるので、

以前の通り、思いついたことを書くブログにしていきたいと思います。