WordPress の管理画面のフォントを変更する方法

前回はエディタのフォントを変更しましたが、Wordpress4.6では管理画面のフォントもださくなっているので(当環境ではSegoeUI)、こちらも変更していきたいと思います。

といっても手順は、

WordPress管理画面のフォントを変更する(もしくは、WordPress 4.5以前に戻す)

で過不足なく完了します。補足説明として、 Open Sans 関係は少しややこしいので、

functions.php に

function my_admin_styles_load() {
wp_enqueue_style( ‘my-admin’, get_stylesheet_directory_uri() . ‘/css/admin-style.css’, array(), null, ‘all’ );
}
add_action( ‘admin_enqueue_scripts’, ‘my_admin_styles_load’ );

を追記し、

/css/admin-style.css に 前回記事と同じ

@import url(https://fonts.googleapis.com/css?family=Lato:400,700);
@import url(http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjp.css);
body {
font-family: Lato, “Noto Sans JP”, “游ゴシック Medium”, “游ゴシック体”, “Yu Gothic Medium”, YuGothic, “ヒラギノ角ゴ ProN”, “Hiragino Kaku Gothic ProN”, “メイリオ”, Meiryo, “MS Pゴシック”, “MS PGothic”, sans-serif;
}

あたりを書いておけば快適な管理画面になるかと思います。

WordPress の投稿画面(エディタ)のフォントを変更する方法

WordPress のエディタのフォントが明朝体でWindowsだと全然きれいじゃないのでゴシック体にしました。

使っているテーマは Twenty Fifteen ですが、他の Twenty シリーズなら応用可能だと思います。

変えるのは一部分。

/wp-content/themes/twentyfifteen/css/editor-style.css

を開き、

30行目あたりの body内のfont-familyを

font-family: “游ゴシック Medium”, “游ゴシック体”, “Yu Gothic Medium”, YuGothic, “ヒラギノ角ゴ ProN”, “Hiragino Kaku Gothic ProN”, “メイリオ”, Meiryo, “MS Pゴシック”, “MS PGothic”, sans-serif;

に変更して上書き保存。これで少なくとも見ていられるフォントに変わります。

Win10環境の游ゴシックも悪くはないんですが、流行りのGoogle Fontsを使いたいという方は、

@import url(https://fonts.googleapis.com/css?family=Lato:400,700);
@import url(http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjp.css);

を初めの方に追加し、

font-family: Lato, “Noto Sans JP”, “游ゴシック Medium”, “游ゴシック体”, “Yu Gothic Medium”, YuGothic, “ヒラギノ角ゴ ProN”, “Hiragino Kaku Gothic ProN”, “メイリオ”, Meiryo, “MS Pゴシック”, “MS PGothic”, sans-serif;

にするともう少し見た目がよくなると思います。