無職の進捗の拠りどころとしてのブログ

サラリーマンとして仕事をしていると、平日が特に進捗ないまま終わってしまっても、給料という形で報酬がもらえ、休日は平日に働くための休息という大義名分を得ることができる。

しかし、無職にはそれがない。1日が無為に終わってしまえばそれはただ時間を消費しただけで、何にも影響していない気がしてくる。

今日は新しく何を学び、どういう進歩があったのかを記録し、公開し、インターネットのデータをプラス何ビットかすることで、一日が無為でなかったと自覚する。

ブログが唯一の社会との接点だった7年前は、アニメやニコニコ動画の感想ばかりのブログだったが、それでも自分の居場所としてしっかりと機能していた。

リアル社会で自分の居場所ができるまでは、ここを拠りどころとしていきたい。

関西→関東の引っ越しにかかる初期費用

だいたいこれくらいという数字が出たので備忘録。

仲介手数料 40,000円

火災保険 28,000円

カギ交換(オートロック含) 26,000円

殺虫・消毒施工 16,000円

口振サービス契約料 5,000円

保証会社委託料 57,000円

引越し費 48,000円

計 220,000円

他のサイトとか見てもまあ平均くらいみたい。敷金礼金ゼロなのがけっこう助かっているけれど、保証会社委託料が57,000円もしている。

これに新しい家具購入分が上乗せされるのでけっこうつらい。

東京に保証会社必須の物件が多いのは、京都でいう礼金みたいに地域性があるものらしい。

価格.com の引越し見積もり比較サービスを使ってみた。

来月の引っ越し日が確定したので、業者を探そうと検索したら 価格.com引越し見積もり比較 がヒットしたので使ってみました。

使い方はトップページから案内に従って住所、家財を入力していくだけ。

メールアドレスと電話番号と名前も必要ですが、カカクコム(上場企業)なので個人情報の取り扱いもそれほど心配ないでしょう。

一括で6業者に見積もりを依頼できるため、依頼完了からものの数十分で各業者からの確認メールとフリーダイヤルからの電話の嵐になるのでちょっとびっくりしました。

メールで概算の見積もり額を出してくれるところ(サカイ、アリさん、コスコス)もあれば、直接見積もりに行かないと出せない(アート)というところもあり。

相積込できるか、スケジュールに余裕があるかなど、タイミングによって見積もり額が違うので何とも言えませんが、私の場合は38,000円~70,000円までだいぶ開きがありました。

電話対応がよく、見積もり額が安めだったサカイに決定。依頼の電話をすると荷物、運び出しと受け取りのスケジュールを再確認され、メールで契約書をPDFで送ってもらい完了。

アート引越しセンターの担当の方は電話対応がそっけなく、サカイの丁寧な対応と比べ全然違ったので、このあたりも営業にとっては大事なのだなあと思いました。

クロネコヤマトの引っ越しパックであれば65000円くらいかかっていたので、結果的に価格.comで見積もりしてよかったなと。

~まとめ~

  • コスコス …… メール見積もり38,000円、電話で日程調整するが合わず断念。
  • アート …… 電話でまず訪問見積もりをしたいとの連絡、少ないので電話で済ませてほしいと伝えたら70,000円はかかるとの返答で断念。
  • サカイ …… メールで48,000円、電話で家財に間違いがないか再確認してくれた。対応も早かった。
  • ハート …… 確認メールは来たが電話連絡なし。
  • アリさん …… メール見積もりで32,000円だったのでこちらから連絡したが60,000円くらいかかると電話で言われたため断念。
  • クロネコ …… ネットでの見積もりしかしていないが65,000円。高すぎてやめた。

『データの見えざる手』を読んでビッグデータとかディープラーニングとか考えたこと。

『データの見えざる手』を読みました。

以前から持っていたのですが、あまり時間が取れずにこのタイミングになってしまいました。

発行は2014年7月とちょうど2年前ですが、本の内容はより意味を持つようになっていると感じます。

  • 1日の活動量は科学的に決まっているため、(動作レベルで)同じ作業を繰り返すのは身体的にも難しい。
  • ソフトウェアのアルゴリズムを考える仕事は今後代替される

あたりはメモっておいた部分。

また、ビッグデータを活用するときに、人間が仮説を立ててはいけないという一文。これはディープラーニングにも当てはまることなのですが、ブラックボックス化されている因果関係を、コンピュータがブラックボックス化したままで結果(仮説)を返すのが最も効率良く技術を使えているということになるのですね。

つまり、なんだかよくわからないけどこうやったらうまくいくらしい、という状態が最善だと。人間が仮説を立てることで、恣意的な見解が入る余地を防ぐことができます。

ビッグデータ関連は多くの生データを集めることが重要なので、今後はデータを集めるビジネス、が大きく伸びるかもしれません。

解析ツールはTensorFlowとかChainerとかいろいろ出てきた気がします。

とりあえずブログ再開

再構築とか再開とかばっかり言ってるような……。

前回の更新から半年ぶりくらいですね。

リアルの環境が変わるため、しばらくブログの更新頻度が上がりそうです。

このブログは8年前から、リアルでのアウトプットができない環境に置かれていた時に書いていたのですが、

大学時代、新卒時代は幸いにもブログにはけ口を求めることなくなんとか生きていたので、

年に数回更新するだけのブログになっていました。

ひさしぶりに自由な時間が増えるので、

以前の通り、思いついたことを書くブログにしていきたいと思います。

再構築

以前から Free Style をご覧いただいている皆様、おひさしぶりです。

ドメイン取得から 8 年ほど経っていますが、 ほったらかしのこのサイトをこの前覗いてみたらエラーが起きていました。

「load.phpがないよ」ってことだったのでそんなシステムファイルいじったかなぁ……と思って FTP クライアントを立ち上げると、

フォルダ部分がごっそり削除されてました。

しばらくさわっていなかったのでいつから消えていたのか、誰が削除したのかもよくわからないのですが、

まぁそれほど有用な情報を書いていたわけでもないので、また1から作ることにしました。

とりあえずエラーが出た状態を放置するわけにもいかないのでWordPressを入れ直し。

ブログタイトルとかプラグインは概ね以前のまま再現。

どんなことに使うかもまだ決めていないのですが、一応ご報告ということで。