WordPress の管理画面のフォントを変更する方法

前回はエディタのフォントを変更しましたが、Wordpress4.6では管理画面のフォントもださくなっているので(当環境ではSegoeUI)、こちらも変更していきたいと思います。

といっても手順は、

WordPress管理画面のフォントを変更する(もしくは、WordPress 4.5以前に戻す)

で過不足なく完了します。補足説明として、 Open Sans 関係は少しややこしいので、

functions.php に

function my_admin_styles_load() {
wp_enqueue_style( ‘my-admin’, get_stylesheet_directory_uri() . ‘/css/admin-style.css’, array(), null, ‘all’ );
}
add_action( ‘admin_enqueue_scripts’, ‘my_admin_styles_load’ );

を追記し、

/css/admin-style.css に 前回記事と同じ

@import url(https://fonts.googleapis.com/css?family=Lato:400,700);
@import url(http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjp.css);
body {
font-family: Lato, “Noto Sans JP”, “游ゴシック Medium”, “游ゴシック体”, “Yu Gothic Medium”, YuGothic, “ヒラギノ角ゴ ProN”, “Hiragino Kaku Gothic ProN”, “メイリオ”, Meiryo, “MS Pゴシック”, “MS PGothic”, sans-serif;
}

あたりを書いておけば快適な管理画面になるかと思います。

WordPress の投稿画面(エディタ)のフォントを変更する方法

WordPress のエディタのフォントが明朝体でWindowsだと全然きれいじゃないのでゴシック体にしました。

使っているテーマは Twenty Fifteen ですが、他の Twenty シリーズなら応用可能だと思います。

変えるのは一部分。

/wp-content/themes/twentyfifteen/css/editor-style.css

を開き、

30行目あたりの body内のfont-familyを

font-family: “游ゴシック Medium”, “游ゴシック体”, “Yu Gothic Medium”, YuGothic, “ヒラギノ角ゴ ProN”, “Hiragino Kaku Gothic ProN”, “メイリオ”, Meiryo, “MS Pゴシック”, “MS PGothic”, sans-serif;

に変更して上書き保存。これで少なくとも見ていられるフォントに変わります。

Win10環境の游ゴシックも悪くはないんですが、流行りのGoogle Fontsを使いたいという方は、

@import url(https://fonts.googleapis.com/css?family=Lato:400,700);
@import url(http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjp.css);

を初めの方に追加し、

font-family: Lato, “Noto Sans JP”, “游ゴシック Medium”, “游ゴシック体”, “Yu Gothic Medium”, YuGothic, “ヒラギノ角ゴ ProN”, “Hiragino Kaku Gothic ProN”, “メイリオ”, Meiryo, “MS Pゴシック”, “MS PGothic”, sans-serif;

にするともう少し見た目がよくなると思います。

中小企業白書2017雑感

少し前の話ですが、4/21に2017年版の中小企業白書が公表されました。

2017年版「中小企業白書」「小規模企業白書」を公表します

個人的に気になったところを書き留めておきます。

・業種別開廃業率。宿泊業、飲食サービス業は開業率、廃業率ともにトップ。新陳代謝の激しい業界。製造業は開業率最低で2%程度。ものづくり日本は終わったかと思いきや建設業は全業界2位の開業率の高さで8%強。東京オリンピックに向けて建設業は賑わっているのかもしれない。

・倒産件数は景気回復を反映して年々減少。休廃業、解散件数は高齢化を反映し年々増加。事業承継がうまく進んでいない。

・中小企業では人手不足が進んでいる。しかし賃金、職種のギャップがあり従業者数は減少。

・成長初期までは資金調達が最大の課題。安定期移行は人材確保が課題となっている。

・高成長型企業は民間・政府系金融機関からの借入で調達し、安定成長型企業は経営者の自己資金の割合が高い。リスクをとって財務レバレッジを効かせている。

・事業承継としてM&Aする場合の重点は従業員の雇用の維持・確保。M&Aに関心がある層でも対策・準備は進んでいない。

・M&Aの相談相手は顧問の公認会計士・税理士、親族、取引金融機関の割合が高い。公的機関はほとんど利用されていない。

・マーケティングの成功要素は市場ニーズの把握。経営企画部門が市場ニーズの把握に取り組むと成功率が高い。

・人材不足対応のための外部の経営資源活用(アウトソーシング)は有効な手段。

 

上場2日目のマーキュリアインベストメント(7190)が高値。

昨日東証2部に上場したマーキュリアインベストメントが前日比+9.68%の1,530円で引け、上場来高値(といっても昨日の高値)と並びました。

当社は日本政策投資銀行とあすかアセットマネジメントの合弁会社として設立され、現在の株式はDBJと伊藤忠商事、あすかグループの保有割合が高いです。

大きい会社がついている分、シナジー効果を生み出せれば十分成長余地はあるかと思われます。

radikoが過去の番組を聴けるタイムフリー機能をリリース

ラジオのサイマル配信サービス、radikoが過去1週間以内の好きな番組を視聴できる「タイムフリー機能」をリリースしました。

これまでリアルタイムメディア業界(テレビ、ラジオ)は過去の放送を見ることができるサービスをほとんど出してきませんでしたが、利用者が多いradikoがこの機能をリリースしたことは大きなインパクトがあったようです。

また、放送局側もリアルタイムで聴けなかった人向けにタイムフリー機能の利用を呼びかけ、リスナーの獲得を狙ってるようです。

タイムフリー機能があれば早朝や深夜、仕事中など、普段聴けないような時間帯の番組もあとで聴くことができますね。

こういった動きがテレビ業界でも広がってくれればいいのにな、と思います(データ容量や広告の問題は山積みなのでしょうが)。

マーケティングとしてのクラウドファンディング

最近特に、身近にクラウドファンディングの話題を聞くことが多くなってきたのですが、プロジェクトによってかなり人気の差があるようです。

この人気の差は通常、「こんな商品がほしいなあ、実現したらいいなあ」という気持ちがファンディングの額となって現れるので、そのまま需要の差とも言い換えることができます。

つまり資金を調達する側は、集まった資金の多寡から、その後一般商品化するか、試作品段階(投資の対価分の製造)だけで終わらせるかの選択をすることができます。試作品段階で終わらせれば投資額もまだ少なく、余分な在庫が生まれにくいので損失も最低限に止めることができます。

つまり、自分のアイデアに自信があっても、一度クラウドファンディングを募集してみることで、資金調達と同時に「本当に売れるかどうか」を大量生産前にある程度把握することができるという メリット受けることもできるのです。

Kindle Unlimited で技術書を漁るのが便利すぎる

Kindle Unlimited がついに開始されました。

最初の30日間は無料体験できるため、迷わず登録。

技術書など単価が高い本は「ちょっと買って読んでみようかな」へのハードルが高く、手が出せなかったものも多くありましたが、

Kindle Unlimited であれば、試しに読んでみて微妙であればすぐ利用終了して次の本を買う、ということが可能になります。

「ラインナップがあまりよくない」という声もありますが、

【月額980円で読み放題】KindleUnlimitedで読みたい技術書まとめ

など、それぞれのカテゴリでまとめてくれる人もいるので探してみると、意外と揃っているなあという印象です。

引っ越し業者に対する心づけについて

日本にはいわゆる「チップ」の文化があるところは少なく、法事関係や高級旅館宿泊時に一部見られるくらいだと思いますが、

それでも金額以上になにかサービスをしてもらった、と感じるときは、心づけをしたくなるものです。

先日サカイ引越センターで引越しの荷物の搬出をしましたが、非常に迅速かつ丁寧な対応だったので、これは何か心づけをすべきなのかなあと思いました。

そこでいろいろ調べてみましたが、引っ越しの時の心づけは基本的にはしないことが多く、丸一日かかるような場合には一人あたり千円程度支払うのが一番よくある心づけのようです。

今回私の場合は荷物も少なく、30分程度で搬出が終わる簡単なものだったので、作業にきてくれた方にペットボトルのお茶1本ずつ渡すことにしました。

この暑い時期にがんばってくれた引っ越し業者の方には感謝したいですね。

SoundCloud の Stations 機能がすごく便利

EDM 系の曲が好きでよく聞くんですが、自分で曲を探したりいちいち再生ボタンを押したりするのが面倒くさいときがあります。

SoundCloud にはそんなときのために「Stations」という機能があり、今流している曲とよく似た曲を連続再生してくれます。

Stations で好みの曲が流れてきたら favorite して、その曲からまた Stations で流し聞くことも可能。

思わぬ良曲を引っ張ってきてくれるので重宝しています。

 

技術的にはどうやって類似の曲を探しているのか興味あり。基本的には

  • 曲の波長やタイトルを解析して似た BPM や文字列(ジャンル、作者等)を見つけてくる
  • 同じ曲を favorite しているユーザーが多ければ関連のある曲として見つけてくる

の一方か両方を使っているんでしょう。タグとかあればもう少し曲が探しやすくなると思うんですが、 SoundCloud にはなさそう。

 

Pokevision が API 利用を禁止したみたい

Pokemon GO 界隈でいま一番便利なツールが Pokevision 。マップ上に現在出現しているポケモンと残り出現時間が掲載されており、全世界のポケモンマスターが利用しているようです。

この Pokevision は Niantic の API を利用しているとどこかに書かれていましたが、Pokevision API を利用した代替サービスもGitHubを中心に出始めており、なにがなんだかという状況です。

そんな中、ポケモンの位置を調べたりできる Node パッケージの pokego-scan が Pokevision からの要請で開発とサービス公開を中止してしまいました。 Pokevision のサービス自体が重すぎてサーバーが落ちてることが多かったため、API を利用したサービスを抑制する動きがあるのではと推測しています。

開発者は Pokevision 以外のデータソースとなるサービスを探す必要がありますが、今のところ awesome-pokemon や PokemonGo-Map が有力なようです。